トヨタレンタリース千葉

DRIVING

店舗

車種

シーン

ご利用方法

Top

カーリースのご案内

Car Lease

Carlease
カーリース

クルマのプロとして最適なリースプランのご提案と、
地域密着の利点を活かした迅速かつきめ細やかなサービスで
快適なビジネスのサポートをお約束します。

About Carlease
カーリースとは

カーリースとは月々一定額のお支払いで、購入・維持費、管理の手間をかけずに、合理的に車両を利用できるサービス。
いまや企業経営の効率化に欠くことはできません。
全国に展開するトヨタレンタリースでは、全国約1,500人のリーススタッフがそれぞれの地域で、お客様の実情に合わせ、最適なリースプランと迅速かつきめ細かなサービスをご提供。
いつでも安心してご乗車いただけるよう、トヨタ車を知り尽くした約5万人のサービススタッフが点検・整備にあたっています。
全国に広がるネットワークと地域密着の手厚いサービスで、ビジネスを快適に。
お客様のいちばん身近で、多彩なニーズにお応えしていきます。

カーリースについて説明している男性

Merit
カーリースのメリット

メリット多彩。カーリースであなたのビジネスを一歩前へ。

月々一定額のお支払いで、購入・維持費、管理の手間をかけずに、車両を利用することができるカーリース。
いまや企業経営の効率化になくてはならない「自動車利用システム」です。

  • 管理
  • ・手続きや諸費用の支払い、繁雑な車両管理業務を減らせます。
    ・事故やトラブルの際、対応を任せられます。

  • 営業
  • ・必要に応じて、必要な車種をリースできます。
    ・万全のメンテナンスにより、いつでも安心して利用できます。

  • 財務
  • ・多額な一時払い金が不要。わずかな資金で車両を導入できます。
    ・資金の固定化がなくなり、効率的な経営を行うことができます。
    ・100%融資と同じ効果があります。

  • 経理
  • ・リース料は経費扱いになります。※一部契約を除く
    ・コストの把握が容易になり経営計画が立てやすくなります。

Strength
トヨタレンタリース千葉の強み

豊富なラインナップと最適車両の提案力

  • トヨタ車約70車種をラインナップ。ハイブリッドカーや福祉車両もご利用いただけます。
  • 経済性、環境性、快適性、安全性等を考慮した最適車両をご提案します。

車両管理から運用・改善まで、クルマに関するお悩みを解決する「TOYOTAソリューションサービス」

  • 「車両管理状況の視える化」「車両管理の省力化・効率化」「クルマ利用の合理化」「交通事故の未然防止/低減」というニーズを、ソリューションサービスで解決します。
クルマに関するお悩みを解決する「TOYOTAソリューションサービス」

高品質で均一なサービスを提供する全国約4,700ヶ所のトヨタのネットワーク

  • 全国約4,700ヶ所のサービスには、トヨタ車を知り尽くした約5万人のサービススタッフがいるので、 突発的な故障やトラブルにもすぐ対応できます。
  • トヨタ品質による点検、トヨタ純正部品を使用した修理・メンテナンスにより、安心をお届けします。

エリア専任リーススタッフによる地域密着の手厚いサービス

  • 担当スタッフが、お客様の車両の使用状況に応じた提案・アドバイスを行います。
  • ご契約後、担当スタッフが定期訪問を実施します。
  • 事故・故障時は、「サポートダイヤル24」へのご連絡で迅速に対応します。

レンタカーが可能にする効率的な車両運用

  • 繁忙期に不足分をレンタカーで補うことで、急な増車や代車のニーズにも対応でき無駄なく効率的に車両をご利用いただけます。
  • レンタカーを特別料金でご利用いただけるTRBMカードやBCCカードへのご入会で経費削減が可能です。
  • 1か月以上継続してレンタカーをご利用いただく場合にはお得なマンスリーシステムがおすすめです。
繁忙期におけるカーリースとレンタカーの使用状況
繁忙期におけるカーリースとレンタカーの使用状況

営業窓口一本化で任意保険加入も事故処理もまとめて対応

  • 万一の時も電話一本でOK。事故対応窓口を一本化しています。
  • 大手保険会社と提携。安心や安全をサポートする自動車保険を取り扱っています。
  • 運転者の安全意識を高め、コスト削減へとつなげる各種セミナーをご用意しています。

Comparison
類似商品との比較

  リース ローン(割賦) 残価設定型
ローン(割賦)
レンタカー
契約者 特定(契約者専用) 特定(契約者専用) 不特定
賃貸借期間 長期使用(年単位) 返済期間に合わせて(上限あり) 短期使用
登録上の所有者 リース会社 お客様(支払いが完了するまでクレジット会社や売主の会社が所有権を留保するのが通常) レンタカー会社
登録上の使用者 お客様(借主) お客様(買主) レンタカー会社
車両・オプション 新車・中古車から使用者の要望通りの車両を準備 既存の車両で対応
ナンバープレート 一般車両と区別なし 「わ」「れ」ナンバー
期間中の諸税金 契約に含む 発生の度、支払い 不要
保管場所(駐車場) お客様が確保 使用期間中の
保管場所は確保
メンテナンス(整備・点検) 契約内容により
契約に含む
お客様(買主) レンタカー会社
契約の解除(解約)
期日前の支払い等
原則としてリース期間中の解約はできません。
事故等でやむを得ない場合は中途解約金(規定損害金)を支払う事により可能です
期日前に支払金額の残り全部を支払う事が出来ます(早期完済・期日前完済)早期完済により各社所定の方法で計算した分割払手続き料の払い戻しが受けられます 車両返却と同時に契約解除をすることが出来ますが前払い金との精算やキャンセル料が発生する場合があります
契約期間満了時、
支払期間終了時の取り扱い
1.契約車両を返却
2.契約延長(再リース)
3.新車乗換(更新)
返済の支払いがすべて終わった時にお客様に所有権が移転します。 返済金額の完済に加え残価金額の支払いが必要になります。残存価格で再度ローンを組むことも可能です 自動車を返却し、料金を精算して終了

Q & A
よくある質問

カーリースのメリットは何ですか?

車両導入にあたり、月々一定額のリース料をお支払いいただくだけで、まとまった資金を必要としません。また、お客様の各セクションにとってもメリットが多彩です。

財務

  • 資金の固定化がなくなり、効率的な経営を行うことができます。
  • 100%融資と同じ効果があります。

経理

  • リース料は経費扱いになります。
  • コストの把握が容易になり、経営計画が立てやすくなります。

営業

  • 必要に応じて、必要な車種をリースできます。
  • 万全のメンテナンスにより、いつでも安心して利用できます。
カーリースにすると、車両の管理業務はどう変わりますか?

リース会社が、税金や保険の支払い、車検や修理の手配等を代行。多くの時間と手間を必要とする車両管理業務が大幅に削減されます。また、万一事故が起きた際も、リース会社が速やかに対応します。

月々のリース料は、どのように算定されますか?

車両価格から中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引き、リース料を設定。その価格に税金・保険料、メンテナンス費用等を加えたリース料総額を、リース月数で割った額が月額のリース料になります。

リースにすれば、購入(所有)に比べて手間が減るのでしょうか?

税金の支払いや車検・点検の手配をリース会社がしてくれるため、手間は減ります。
また資産管理をしなくて済むため、経理上の手間も減ります。
手間削減のメリットもさることながら、きちんと点検・整備をしてくれることで事故や故障が起きなくなる「安全・安心」のためにも、リース契約にされることをオススメします。

リース契約は何年が妥当ですか?リース契約は延長すべきですか?

多くの法人様は平均5年、早い法人様は3年でリース契約を更新しています。(新車に変えています)
なぜ、多くの法人様が3~5年で更新するのか、トヨタは次のように分析しています。

  • 予防安全機能などは年々進化するので新しいクルマの方が良い。
  • 企業イメージを考えても、古い傷ついたクルマに乗り続けない方が良い。
  • 古いおクルマはメンテナンスの費用があがり、リース料があがる。
Copyright © Toyota RENTAL & LEASING Chiba. All Rights Reserved.